2017年9月21日木曜日

世代交代の準備


宇宙人と地球人のハーフとして生まれたツムギが、「見た目は宇宙人、頭脳は地球人」という残念コナンみたいになってしまったので、宇宙人スカウトに来たネオ。


できれば、地球維新の会に宇宙人を常に入れておきたい。できれば、子孫を繋いでいってもらいたい。


スタイルが良くて顔立ちの整った宇宙娘を連れて帰還。


「宇宙娘?」

「そう」

うっかりジミーに話してしまうネオ。


「へぇ~」

「・・・・・」

完全に品定め。


「ふ~ん」

「・・・・・」

マジマジと見るなw


「手、出すなよ」

これ以上ジミーの子を増やすわけにはいかない。


「あ、ちょっ!」

見つめるだけで一気に親しくなるジミーの特殊能力。


「挨拶だよ、挨拶」

「その挨拶が怖いんだよ」

極力会わないようにするのが吉。


自分が妊娠させたアンリに興味がないと言い放つロボ先生。


アンリには興味ないが、フクダ家の一人息子タカオには興味津々。


マッサージのおじさんもタカオに興味津々。どうも、タカオは男にモテるようだ。


そのタカオの両親スズエさんとマサオさん。普段はラブラブな夫婦だが、この日はマサオさんがよその女の誘惑にふらついて、スズエさんに怒られていた。マサオさんでも、そんなことあるのね。


高校卒業の日が近づいて来たネオの息子サイファ。子持ちの年上女性アーハナからロマンスフェスに誘われ、眠気を抑えて出陣。


土日ぐらいしか会えない二人なので、友情度も愛情度もまだまだ低い。


それでも、ロマンスフェスの空気に流され、衝撃的プロポーズ。何度も言うが、男子高校生が、年上のシングルマザーに求婚しているのである。


難なく承諾され、晴れて婚約した二人。次の休みには大人になっているであろうサイファ。良い特質を5つ持って成長できそうだし、がんばって純愛を貫いておくれ。


ロボ先生の子を産んだアンリ、最初の記念写真がこれとは。そんなに臭くなるまで放置してるのか。そして、赤子と入れ替わるように、亡くなった夫との間に生まれたダイアンが成長。父親の盗人特質を引き継いでなければいいけど。


そして、おそらくサウナで働いていたであろう宇宙娘がどうやら妊娠。誰の子だろう・・・。もし、生まれてくる子が宇宙人なら、地球維新の会に入れよう。