2018年1月15日月曜日

ジミーの子供達


「あけましておめでとう」

「お、おめでとう・・・」

皆様、今年もよろしくお願いします。


ヨガのナオ先生がなくなり、一人娘リディアが残されることに。子供嫌いの母に育てられ、愛情不足なリディア。まだティーンなので、父親ジミーの友人でもあったネオが引き取ることに。


ネオは息子サイファに良い特質を5つ授けた子育て名人。だが、リディアは悪い特質を備えた悪女に育てることに。とりあえず、門限は7時。


門限以降は、ネットカフェで過ごすリディア。どんどん下がる責任感。掲示板を荒らせば、思いやりも下がる。


友達の家で無断外泊もする。


フェスでは迷わずいたずらチームに入り・・・


ゴミ箱が並んでいれば、全部蹴り・・・


人を見れば侮辱し・・・


いつでも、どこでも、誰とでもケンカする。


そんな生活をしていると、あっという間に下がるのは責任感。あとは、おならやゲップで下がるマナー。他の三つが下がりにくい。


感情コントロールについては、ネオがヴァンパイアの力を使う。


理由もなく泣いて、泣いて、泣きまくる。


公の場で全裸で寝るという失態も犯しながら・・・


ついに、悪い特質を5つ得る条件に到達し、このまま大人に成長。


リディアにはアンソニーという異母兄がいる。とても友好的な性格で、リディアにも優しく接してくれる。しかし、誰にでも優しいので・・・


あっという間に、リディアと一緒にネオの家に住んでいる宇宙娘と仲良くなってしまった。


そして、その友好的な性格は、単なる女好きなのではないかという疑惑に変わる。


どんなに勧めても、愛し合ってるからと別れなかったカシオとマドカ。愛らしかったマドカも老齢期に突入。


その途端、カシオは宇宙娘に急接近。

パートナーが老いると、たちまち絆が揺らいで若い女に走るのは仕様なんだろうか。


怒り心頭のネオ。怒る資格も無いと思うが。


しかし、宇宙娘が家を訪ねてみると、カシオはそっけない態度。やっぱり、マドカに隠れてちょっと遊んだだけなのか。ズルい男。


リディアにはオーウェンという異母兄もいる。街で見かけることが全くなく、音信不通状態だったのだが、リディアが学校で知り合った。


ジミーが残した三人の子供達。悪女リディアを中心に、この三人を軸にした物語を紡いで行こうと思います。