2015年11月20日金曜日

ハスのこと


ネオの二番目の子ウメコが成長。学校からクラスメイトを連れて帰ってきた。このシステムは健在なんだね。


「あれ、イズルじゃん」

「二人、とっても仲がいいの」

まさか、我が娘が、自分の愛人の息子と仲良しだとは・・・(笑)


ネオとタケコの子、ウメコはそこそこの顔立ちに成長。タケコさんに合わせて日本風な名前にしたのに、ネオの金髪を受け継いでしまってチグハグな感じに。


宇宙人ハゼルとミドリさんの子、イズルもそこそこの顔。宇宙人っぽさが出てるけど、宇宙人の能力は使えない。まぁ、俗に言う「残念ハーフ」だね。


「イズルくん、ハスとは仲良いの?」

「ハス?たまに話すぐらいだよ」

ウメコには、気になる男子がいるらしい。


「ハスって、なんか近寄りにくいのよね~」

「独特の雰囲気あるもんね」

宇宙人ハーフより異彩を放っているとは。


「図書館で難しそうな本ばかり読んでるし」

「本が好きみたい」

DIO様みたい。


「家庭も複雑なんでしょ?」

「ハスは養子みたいなんだ」

ウメコ・・・イズルも結構複雑な家庭の子なんだよ。デリカシーデリカシーw


「家じゃどんな風なんだろう」

「何でも自分でやってるみたいだよ」

この世界の子は、たいていシリアルとミルクで育つ。


「食事とかも?」

「うん、片付けも掃除も」

なんとも不憫な子じゃ。


「あ、こないだ、ハスの家、火事になったんだ」

「えーっ!?そうなの!?」

電化製品のアップグレードもシムの特質追加もまだまだの初期段階って、悲劇が起こりやすいよね。


「その火事でお父さんが亡くなったんだ」

「それは大変ね・・・」

養父を失い、今後の生活はどうなるんだろう。


「お母さんは、大やけどした上に若くして未亡人だよ」

「再婚とかするのかな」

子供がそんな心配しなくてよろしい。


「でも、お母さん、メイドとすごく仲が良いんだって」

「まさか、火事は二人の共謀なんじゃ・・・」

どんな昼ドラ展開w


「その時、ハスは死神から自分の本当のお父さんが奥さんに殺されそうになったことを聞いたらしい」

「死神、ハスの本当のお父さん知ってるんだ!」

そして、死神はすごくおしゃべりなんだ!って、妻に殺されそうになった男といえば・・・


「ご飯の時間だから帰るね!おじゃましました~」

「・・・・・」

イズルが帰って行く姿を見送りながら、イズルの母親ミドリさんを誘惑したい衝動に狩られるネオ。(笑)


数日後、オタオタするノヴァに見守られながら、ユウコが出産。


口元が生意気そうなユウコそっくりの男の子は、ヘンリーと名付けられてサクッと成長。(笑)

次世代が続々成長し、新たなる主人公誕生の日も近い。

2015年11月14日土曜日

天使と悪魔の結婚


二度目の結婚をしたネオ。またもや、子守はネオに任される日々。どうも、ネオが選ぶ女は、子育てが苦手らしい。


タケコさん、仕事を辞めて育児に専念のはずなのに・・・育児を夫にやらせて、自分はブクブク太ってる始末。


「あなたが次から次へと作るからよ!」

「えっ・・・」

料理は専らネオの役目。それを食べてばかりのタケコさん。そりゃ太るわ。


ついに、ノヴァとユウコが結婚。


普通の結婚式がこんなに眩しいなんて・・・(笑)


ネオと離婚したアンちゃんは、手違いで死なせてしまったネオのクローンに涙が止まらない。


クローンの方も、短い間だけでも夫婦として過ごしたアンちゃんが心残り。


結構、よろしくやってる二人。(笑)


結婚から数日後、ユウコが妊娠。


「・・・・・(凝視)」

「何・・・?」

新婚夫婦に子供ができただけなのに、なぜか複雑な目でノヴァを見るネオ。


「ネオ~♪」

「ご機嫌だな」

ノヴァん家から帰る途中、クロエの娘アンナに出会う。


「ねぇ、ちょっと時間ある?」

「あ、いや・・・」

出会った時にはすでに誘惑的になっていたアンナ。どこで何があったんだ。嫌な予感にたじろぐネオ。


「んもう・・・つきあいの悪いネオと遭遇なう!」

「ちょ、ツイートすんなよ!」

ティーンの無防備なツイートほど怖いものはない。


「ネオ、赤ちゃん見に来たの」

「ふ~ん」

新婚&初妊娠で気分上々のユウコ、なぜか不機嫌なネオ。


「は~い、ウメコちゃ~ん」

・・・・・すごい微妙な顔立ち。(笑)


「タケコさん、先輩ママさんとして色々教えてね」

よくあるママ同士のコミュニケーション。


「あっは~w 妊娠しちゃったんだ・・・w」

デキ婚ではないユウコを、なぜか上から目線で笑うデキ婚のタケコさん。


「タケコさん、もしかして二人目?」

「違うわよ、失礼ね!」

ユウコ、チクリとやり返す。(笑)


「もう、いい加減にしてくれ!」

たわいない主婦談義にブチ切れするネオ。相当ストレスが溜まってるらしい。


「先生、出産の時はお世話になりますね」

「えぇ・・・」

帰宅途中、ゴリエ先生に出会ったユウコ。ハイミス医師にちょっと上から目線。


イケイケなユウコだが、この夫婦にも不安はある。善人特質の夫ノヴァ、悪人特質の妻ユウコ。致命的に衝突するんだよね、この特質。でもまぁ、幸せパワーで塗りつぶせるか!

2015年11月10日火曜日

ネオの再婚


捜査官の仕事も、だいたい流れが分かった。現場で証拠や目撃証言を集めて、署で照合なり整理し、指名手配した容疑者を逮捕、というルーティーン。


逮捕してきた容疑者は、署内で取り調べ。

証拠を並べて、理路整然と追及したり・・・


時には、脅したり凄んでみたり


ムカついてキレたり・・・(笑)


残業続きで忙しいネオの寝顔を見ながら、メルヘンチックな気分に陥るタケコさん。正気でないシムは、その気持ちが結構重い。(笑)


「体もちょっと重くなったんじゃない?」

「二人分になっちゃったから」

タケコさん、妊娠。


出勤したら、まず嫉妬から生まれる緊張を下げる作業に。


しかし、緊張はあっという間に下がるが、不快が上がるという・・・いいのか、それでw


「あたいがここから出たら、付き合ってくれる?」

「今だって付き合ってるじゃないか」

出てこないことを見越して、結婚歴も子供の存在も言わないネオ。


哀れな囚われの愛人を留置所に戻して、現場に出たネオ。何が気に食わなかったのか、突然怒り狂う。警官にこの特質は恐ろしすぎる。


タケコさんは、自宅の台所で静かにネオの第二子を出産。女の子だったので、ウメコと命名。同時に、ネオは二度目の結婚。


しかし、結婚は破滅の始まり。


ひどい別れ方をしたクロエにいきなりギターで弾き語りを始め、ロマンスを再燃させるコマンドが出現。結局、別れても好きな人。いや、好きじゃなくても付き合っていたい、それがネオという人。

こんな男が医者や警官をやれちゃう、そして別に何の罪にもならないシムズの世界が、たまらなく面白い。