2016年6月28日火曜日

伝説のレガシー:九代目


八代目が未婚で産んだ九代目は、父と仲が良い。八代目はデキ婚を狙っていたのに、デキた時には他の女と結婚していたという悲しい展開。


「ねぇ、パパ、一緒に住もうよ!」

「それは・・・」

屈託のない笑顔で、無理を言う九代目。


残念ながら、パパの本妻の方にも子供がデキたのだ。


八代目は、とにかく同じサークルの男達みんなと関係を持っていたので、男達はビクビクしていた。最近結婚した黄色い彼も、八代目の視線に警戒心丸出し。


九代目がティーンになり、ウルトラフリーのリーダー交代。娘に引きずり降ろされる哀れな母。


九代目も、なかなかの素質の持ち主で、次から次へと男達を虜にしていく。


しかし、せっかくの美貌の持ち主。


覆面でウロウロするサークルに納得が行かなかった。


しかも、自分に告白してきた男が、他の男とデキてたりするし。


派手なロン毛のサトウ君は、年上の女と結婚しているが、別の女との間に子供がいる。


しかも、二人も。

人妻と不倫したのか、子供がデキた後別れたのかわからないが、無責任な男には違いない。


そんなサトウ君が、八代目のベッドに・・・。


案の定、子供がデキた。その頃には、妻に先立たれていたサトウ君、八代目と再婚。


九代目の妹がここに誕生。


生まれた時は白かったが、成長したら黒くなった。


母から引き継いだサークルにノリのいい女友達が入ってきた。


いっそ、ガールズサークルにしてしまおうか。


「イケメン・・・」

「?」

宇宙人と地球人の血は長い歴史で絶妙に交じり合い、宇宙人っぽい地球人なのか、地球人っぽい宇宙人なのか判別できないシムが増えてきた。あんまり男に興味が無い九代目は、いっそこういうのと結婚してもいいかも。


と思っていたが、ガールズ達とワイワイ楽しくやっているうちに・・・


「あたし、結婚することにしたんだ」

「意外だね」

一番の仲良しが、あの紫色のイケメンと結婚することに。


「あんた達もさっさといい男見つけなさいよ」

「言うよね~w」

ガールズ達のサークルも、これを機に終焉に向かう。


彼氏を見つけられぬまま卒業してしまった九代目、まだ卒業していない年下の男にターゲットロック。


大人の魅力でいとも簡単に結婚。


「年下なんて、やるじゃん!」

「年なんてどうでもいいわ」

親友も祝福。


「おめでとう」

「ありがとう」

何かが違う気がする・・・。


そして、結婚してすぐ、十代目が誕生。


九代目の父親違いの妹もティーンに成長。肌の色、髪の色、体型・・・全てが全く違う、似ても似つかぬ姉妹。九代目の妹(黒)は、自分のファンクラブを作り、入ってきた男の中から結婚相手を見つけてもらおう。ファンクラブの入会条件は、シニア以外の未婚の男子。ストライクゾーンは広い。(笑)

2016年6月22日水曜日

伝説のレガシー:八代目


八代目は六代目(要するにおばあちゃん)と仲が良い。おばあちゃんっ子といえば聞こえがいいが、親が子育てを怠り、祖父母に子供を預けたケースは大人になった時厄介だ。


おばあちゃんっ子な六代目の父親である七代目は、元メイドに誘われるがまま逢瀬を続けていた。


元メイドはとにかく積極的で、事あるごとに新しくできたレストランに七代目を誘ってくる。朝っぱらから、アカデミー賞にでも行くかのような格好をして。


そのレストランの案内係とデキていることを後々知ることになるのだが・・・。

悪女というのは、たいていは菜々緒のような容姿はしていない。こういう、垢抜けない感じの女が多い。昔、「悪女(わる)」というドラマがあったが、その主演は石田ひかり。そう、そういうタイプが実にしっくり来る。


この悪女、妊娠を機にメイドを辞めて結婚したのだが、その子供は夫の子ではなく、なんと七代目の子だった。


しかも、レストランの案内役の子も生んでいる。


若い科学者の夫は、他人の子を二人も養育しているのだ。後に、我が子も生まれるが、その頃には妻は老婆。一人で三人の子供を養育する未来が待っている。


そんな悪女にうつつを抜かす七代目の妻ソフィアは、学生時代から盗み癖がひどく、学校へ行くたびに何か盗んでいた。この調子で社会に出てはまずいので、家に閉じ込めておいたところ・・・


若くして家の中の事故で死亡。家族が全員留守の時だったため、庭師に発見されるという悲劇。


おばあちゃんっ子の八代目は、友達を誘ってコスプレクラブに参加。年老いたリーダーを引きずり下ろして、自らリーダーとなる。


その後は、後から後から成長してくる友達を次から次へと誘惑。いや、コスプレクラブは「ウルトラフリー」と名を変えて、スーパーフリーを超越したクラブになったのだ。


クラブ内で後腐れのない恋愛を楽しむ八代目。


子供相手にも色目を使う青田刈り。


このクラブ、女の子は八代目とこのアフロちゃん二人。こんな子じゃライバルにもならんな・・・と思って楽観視していたが、このアフロが意外にもビッチでウケることにw


もはや、どれが八代目かわからん集団。


アフロちゃんは、このファンキーサングラスのサトウ君が本命のよう。


八代目は、イケメンニンジャにターゲットロック。


関係ないところで、男同士が愛しあうハプニングも起こりつつ・・・


ウルトラフリーの活動は着々と進む。


八代目は、クラブで一番のイケメンと上手く距離を縮め・・・


「できちゃったみたい・・・と」

妊娠したことを報告。そのまま結婚・・・と思っていた。


しかし、イケメンニンジャ、一足お先にアフロちゃんと結婚を決めてしまっていた。なんたることよ!w


七代目が死亡。


シングルマザーとして出産する不安に加え、父親が死んでしまった悲しみに打ちひしがれる八代目。イケメンに泣きつく。ちゃんと見ているイケメンの妻アフロちゃん。


妻の目も気にせずに八代目を貪るイケメン。


新婚にして、こんな屈辱!アフロちゃんは、激怒した!


八代目は、ニヤリとした。(怖ッw)


そして、八代目とイケメンとの間に、ソード家久々に金髪色白の女の子が生まれた。これが九代目。

ここ最近、シムズの接続が切れることが多く、気を付けてはいたのだが、知らぬ間に切れていたのか、すでに九代目が生まれたというのに、伝説のレガシーカウントは七代目・・・という不安。ただでさえ手間がかかって面倒くさいチャレンジなのに、ちゃんとカウントしてくれないと困るよ!

とにかく、動作もなんとなく重くなってきたし、100代まで続ける自信が失せてきた今日このごろ。