2017年5月31日水曜日

マドカと謎の男


パッチが当たった後って、色んなことが激変したりする。滅多に誘われたことのない人に、食事に誘われたり。


ネオのせいで記憶がすっかり消えてしまったマドカは、かつての知り合いに積極的に声をかけるが、相手も記憶が消えてるという難解な状況で、友情も愛情も簡単には取り戻せないでいる。


「キヨエ~、いらっしゃ~い」

「おじゃましまーす」

ジミーは、早々にマドカとの友情を復活させた後、近所の子供達との交流に勤しんでいる。


「宿題は先に済ませること!」

「・・・・・」

キヨエ以外の子供達にはなにげに冷たいジミー。


(・・・ん?)

ネオは察知した。記憶と人間関係の修復に苦戦しているマドカの部屋に誰かが来ていることを。


「マドカの部屋に誰かいたよ」

「そうなの?」

早速、ジミーに耳打ち。


「新しい彼氏できたんじゃないかな」

「そ~ぉ・・・?」

ネオの疑惑の表情。


「なんか、こないだのロマンスフェスで、倒れていた人を助けたって話してたよ」

「倒れていた?」

居眠りじゃないかな。


「どんな人かは知らないけど」

「どんな人なんだよ・・・」

絶対怪しい人だよ。


「あ、ごめん、キヨエからメールだ」

「キヨエ?」

ガキンチョから大人びたメールを受け取り、いそいそと出かけていくジミー。いいのか、それ。


マドカは怪しい男と知り合い、ジミーは幼女に夢中・・・。

ネオは、ムシャクシャして近所を偵察するが、何も見えなかったらしい。(笑)


それはそうと。

執事が時々落としては動かせなくなる本。執事のハウツー本だと思っていたが、よくよく説明を読むと執事名鑑みたいな本のようだ。しかし、気になるのはこの本の表紙。明らかに執事と思われる男が女性からキスをされている。女性が雇い主かどうかは分からないが・・・そうだとしても違和感がない。この世界の執事はロマンスのリミッターがゆるい。執事って、こういう存在なんだろうか。

2017年5月25日木曜日

ヴァンパイアのさらなる脅威


自分に気があると思っていたマドカに彼氏ができ、どうにも面白くないネオ。


二人の間に割って入ってみたりもするが・・・


男二人残されたりして。(笑)


格好はおかしな男だが、マドカへの熱意は本物。ネオなんかよりずっといい人に違いない。


マドカもすっかり彼にメロメロ。

そんな様子を気にも留めないジミーはというと・・・


近所の子供とばかり遊んでいた。


どうも人との関係が冷めやすいジミーは、ネオと同じ「最愛」特質をゲットすべく、友達を20人作るミッションに挑んでいた。子供というのは実に簡単で、初めての会話で「友達」になれたりする。


なので、子供のいる家庭を次々訪問する。


ちょっといい関係になりかけているノブコさんの家にも。娘のキヨエ狙いで。


そして、子供を次から次へと自分のクラブに勧誘。


大人の友達というのは、関係が複雑になりすぎて、友達なのか何なのか判断できんことがある。


ジミーが忙しく動き回っている間に、事件は起こる。


いつも吸血しているシム達にことごとく拒否され、限界に近づいていたネオは、マドカに対して「スピリットを奪う」という新技を発動。


すると、なんということでしょう・・・!

マドカの記憶が全て喪失。今まで知り合ったシム達のことを一切忘れてしまったではないか。


あまりにも可哀想なので、スピリット回復を行うが・・・


失われた記憶は戻らず。


あんなに夢中になっていた彼氏のことも忘れてしまったマドカ。


それどころか、彼氏の方もマドカを忘れてしまっていた。


宇宙人の記憶消去の技以上の脅威を手に入れてしまったネオ。マドカは、ネオのことも忘れてしまったが、逆にゼロからやり直す方がネオに取っては好都合かも知れない。

恐るべし、ヴァンパイア!

2017年5月18日木曜日

その男、運命の人です


滅多に会わない人とも熱愛状態を続け、これだけ広く浅く関係を維持できるのは、なんだかんだ言ってもネオの特徴。「遊び人」と「最愛」特質のなせる技か。


手広さではジミーの方がネオを上回っているが、何も行動しないと簡単に関係が冷めきってしまう。あんなにイチャイチャしていたアンリだって、この有様。かろうじて友情が残っている程度。


マドカも色んな人から寵愛を受けるようになってきたが、逆に嫉妬を受けることも多く、嫌われ傾向なのが悲しいところ。まぁ、嫉妬の原因のほとんどはネオなんだけど・・・(笑)


「隠者、辞めたんだって?」

「えぇ、今は警察官なの」

ネオの本命NO.2は、ヴァンパイアになったのを機に隠者を辞めたようだが、警察キャリアに就いていた。結局は、日光浴びる仕事だけど、大丈夫なんだろうか。


マドカは色んな人からデートに誘われるが、たいていは無職の男。男運が良くない。


そのせいか、誰とも燃え上がれず、ネオにばかり色目を使う。このままではネオに夢中になってしまう。


一緒にいる時間ならジミーの方が断然長いが、こちらはロマンスに発展する気配が全くない。いや、ジミーには下心があるんだろうけど。


そんなある日、またよく知らない男からデートに誘われたマドカ。暇だったジミーも付き添ってみることに。こんなエキセントリックな髪型をしていながら恋愛下手だという彼の名はワタナベシンゴ。れっきとした日本人である。(笑)


ジミーは、これまで多くの男達にマドカを恋人候補に推薦してきたが、みんな散々彼女を弄んでおいて「興味がない」と言う。しかし、このモヒカンは好感触。


恋愛下手のわりには、自分から積極的にアプローチ。マドカもそれを受け入れ、二人は交際することに。なんと。


そして、彼が記念すべきマドカファンクラブ第1号会員に。


その後、どんどん仲良くなっていく二人。ついに運命の人に出会えたのか。


フリーウィルでここまで熱いキスをかわしても、なぜかファーストキスとしてカウントしない不思議な仕様。それも不自然なので、この後プレイヤーが手動でファーストキスをさせる。


運命の人の出現で、マドカの心にも変化が。


手にキスしようとしたネオを払い除けた。


「どういうことだ・・・」

ネオは激怒した。(笑)


「マドカ、彼氏ができたんだよ」

「どんな男?」

それは・・・


こういう男だよ。(笑)


「どうせ、続かないでしょ」

「どうして、そういうこと言うかな」

恋愛下手という特質がどう影響するのか見守りたいところ。案外、一途でいい男かも知れないし。そもそも、マドカがネオを拒絶し始めたのだから、もうネオの出る幕はないのだ。