2017年6月16日金曜日

千年に一人の君


ネオの息子サイファは、学校では千年に一人の逸材だと評されているようだ。


そんな立派なサイファが、こともあろうか子持ちの売店娘アーハナちゃんと恋に落ちてしまった。


アーハナちゃんは男子の人気が高い。大勢で集まっても、なぜか男子の人気を独り占めにする。売店娘には集客関係の隠し特質でもあるんだろうか。


ネオ達の家の隣にある公園で料理していることも多いのだが、なぜかそれがエンドレス。誰もいないのに次から次へと作って、どんどん腐らせるというちょっとした公園テロリスト。


思春期の好き嫌いを発症してしまい、豪華な食事を受け付けないサイファは、公園に並んだアーハナちゃんの素朴な料理を食べることが多い。そこで愛が芽生えたのか。まさか、何か盛られていた!?


フクダ家のマサオさんも、アーハナちゃんに夢中。ちょくちょく公園に現れては、アーハナちゃんの料理を楽しんでいる。アーハナ料理には何か秘密があるのは間違いない。


アーハナちゃんに気を取られていたら、ネオがキヨエにまさかの魅惑的な自己紹介。ジミーが手塩にかけて調教してきた幼少の頃から可愛がってきたのに恋愛に持ち込めないキヨエを・・・なんてこったい。


キヨエをネオに持って行かれた上、執事から赤ちゃんができたと連絡が・・・なぜか脅迫のように感じる。


呑気なナオ先生は、やたらセレナーデを披露してくれる。


幼少の頃から贔屓にしてきたといえば、ゾーイがいる。うんていの上に座っては、ジミーを見下ろしていた彼女もティーンに。ここまで築いてきた確固たる友情があるし・・・


!?


ゾーイは、何の前触れもなく突然ジミーに殴りかかってきた。これで、関係は一気に悪化。そりゃそうだ。


ゾーイと双子であろうユウコは、公園でも他人に家でも散らかし放題だったのが、今のところおとなしい子に成長。女の子ってわからんもんよね。


何のイベントもやっていない時期のサンマイシューノの街に行くと、たいていデモをやっている。そして、近寄るとたいてい参加させられる。


せっかく大勢が集まっているのだから、ヴァンパイアの力を発揮してやれ!w


大勢の他人を惑わせたはずなのに、ナオ先生が網にかかった。ナオ先生、セレナーデの対象をジミーからネオに変更。ネオもジミーも、自分の浮気は嫉妬されないが、相手の浮気には激しく嫉妬する。ナオ先生がセレナーデを歌うたび、どちらかが嫉妬で怒り出すという面倒くさい三角関係になってしまった。


面倒くさいといえば、子育て。ティーンにもなると、悩みが超絶面倒くさい。千年に一人の逸材なのだから、孤独でもいいじゃないか!選択肢が全部微妙で難しいわ!


「あいつ、また何か書き残したぜ」

「色々難しいお年頃なのよ」

チャッキーとティファニーがそっと見守る。あなたは一人じゃない。


そんな人生を悲観しているサイファを楽しませようと、こないだのフェスでもらってきた花火に点火したネオ。サイファとナオ先生が逃げ遅れて丸焦げ。変なタイミングで、ネオはエイリアン・アブダクション。

なんかもう・・・毎日がこんなに面白いなんて羨ましいわ。(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。